ヘイラッシャイ!おすし大戦


さっき、思いっ切り鼻をかんだら、ブッ!っと鼻血が出てきて、止まらなくなりました。
・・・なんてこった、鼻粘膜がそうとうイカレてます。
しょっちゅう鼻血を出してる毎日です。

あ、これ、手紙の書き出しに使ったら面白いかもしれません。


『 お母さんへ
お元気ですか?私は、しょっちゅう鼻血を出してる毎日です。めげずに鼻血を出してます。 』

ふふ。いやらしくてちょっといいですね(´ω`)
ただ、間違っても親には書かないでしょう。



暇な時間があったので、チームエコ活動に参加してきました。
川の堤防のごみ拾いを2時間ほどやったんですが、全体的に生ぬるい印象を受けました。

やるならもっと本気でやれよ!と思ってしまいました。
ゴミの少ないきれいな道をぞろぞろ歩いただけって感じです。

ゴミの多い道路のほうへ行くと、「そちらは危ないのでやらないで大丈夫です」と諭される。
おーい、なんのためにやってるの。


空き缶をはじめとする、おっきなゴミが一番たまってるのは、道路の中央分離帯でした。
がっかりしませんか?
ドライバーのマナーの悪さを、目の当たりにしました(´ω`)

走ってるドアからゴミを投げ捨てる人は、キチガイに違いありません。
そこらへんにゴミが落ちてても不快だと一切感じない人でなければ、できないことです。
彼らはおそらく、「ごみはゴミ箱に捨てて!」って人から注意されても、「は?何で?」「めんどくせぇよ」・・とか言い出すでしょう。
人間として、どこかが終わってます。ご愁傷さま。


人が通らない場所だからといって、ゴミを捨てていい訳がありません。
よく見ればそこには、草花があるじゃぁないですか!
中央分離帯で草花は息をしているんだし、その土の中にはきっと虫だって生きています。

人は我が物顔で、ほかの生き物たちの住み家を汚しちゃうもんです。
自分たちの首をも絞めてるってことにすら、気づかない。
もしかしたら最後まで気づかないかもしれません。
人間はおっきな体、おっきな目を持ってるくせして、めくらです。
自分の都合のいいようにしか世界をとらえられないことが、多々あります。

・・・ってな具合に、人間への憎しみをむくむくと募らせてしまった2時間でした。
なんか書いてて自分が怖くなってきました。
エコ思想そのものが人間のエゴに思えたりするこの頃です。
人類の敵としてそのうち誰かを攻撃し始めたりしないよう、自分を見張っておきますね(´ω`)


鼻血がようやく止まりました。
鼻栓をしている時間が長いので、鼻の穴が広がってるんじゃないかという不安にかられます。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-03-24 21:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nekochan3.exblog.jp/tb/5389026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]