アオの青さに心細く


うわー。
できれば4、5日は風呂に入りたくない。


明日から朝の申し送りである先輩が「標語」を発表するらしい。
点滴のダブルチェックが甘いから気をつけろという旨を、標語にして。
自らをキャンペーンガールと呼称し。
先輩おもしれー。
彼女がいると、空気がほんわかする。
わたしはそのほんわかした空気を食べてがんばれる。

「よく見てよ ただの水じゃないんだ このやろう」
「お願いね お願いしますね だからマジで」
「深呼吸 あなたの目玉が ギラって光る」
 
・・・私もいくつか考えてみた!!
きれいさに欠ける標語ですけど何か文句ある??笑


昨日から今日にかけて
乙一【死にぞこないの青】
という本を読みました。
一方で、勉強しなさい、と自分にやさしく言い聞かせたりもした。
この本もこれまた良かったです(^ω^)
読むか読まないかでいったら断然読むほうを選ぶね!(←何だそれ、笑)

静かに、静かに、魂を揺さぶられてしまった。

マサオくんは先生に人格を否定された。
マサオくんは死よりもつらいことがあるのだ、ということを先生から教わった。
マサオくんは殺しにかかった。

死に損ないの「アオ」はマサオくんの心の叫びだったんだろう。
途中で、コレは救いようのない物語なんじゃねぃか....?と疑ったけど、なんのその。
ダイナミックに救われました。ええ。
子どもが語り手だからこそ、その言葉がストレートに胸に響いて、しかも作者の言いたいことがすごく分かりやすい、読みやすい、おすすめ。

あたしの中にもきっと、死にぞこないの「アオ」がいる。
怪物みたいな「アオ」が現れて怒り狂うとき、
きっとあたしらの人間としての尊厳はもろに犯されている。
恐くない。「アオ」と一緒に戦えば恐くない。

にしても。他人の痛みに敏感であらねば、と思う。
気づけばとなりの人の「アオ」も、
ものっ凄い形相でこちらを睨みつけてるかもしんないのだ、イヤッ、すげえ恐い。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-12-13 23:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nekochan3.exblog.jp/tb/6938641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]