運命よ変われ、奇跡よ起これと願った日


1月6日


ばあちゃんが亡くなりました。

90歳!!!
りんごみたいな赤いほっぺ、冷たくなっても色が変わらなくって、
死んだ気がしないじゃん、ばあちゃん。
どう思い出してみても、笑顔のばあちゃんしか浮かばない。

ばあちゃんは死なないと思ってたから、びっくりした。
今まで2回死にかけたけど、死ななかったのに。
なんで運命を変えることってできないの。
これが神様のしわざなら
神様なんていらないよ。

ばあちゃん今どこにいるんですか。
そこは暖かいところ?
寒くて凍えてないといいんだけど。

ばあちゃんは、苦しくても痛くても、楽しいときはなおさら、
いっつも笑っていた。
強い人。
かわいい しわくちゃの笑顔。

わたしも、笑ってそして強く生きてこう。
悲しくて眠れない夜も、もうこれでおわり。

お決まりの言葉だけど、 愛してます。
おはようの後も、さよならの後も、私、ばあちゃんが大好きです。
だからずっと見守っていてちょうだい。


わたし、さいごは笑って死にたいから
悔いなく一生懸命生きてやろうといつも思うんだけど。

どうしたらいいんだろ??

今この瞬間が一番って思うわりには、
気づけば人の顔色窺ってるし。
会いたい人にも会えないし。
したいこともやりきれない。

もどかしいよ。ああ。

....だけど、それでいいよね?

そうやって、あくせく もがいて 最後まで頑張り続けよう。
はは、自分ったら バカでおかしいな、って笑い続けていよう。

思い切り 笑おう。
好きな人に好きってたくさん云おう。感謝しよう。
一生懸命働こう。人を精一杯 気遣おう。
いっぱい遊ぼう。きれいごとばかり言ってよう。
旅に出よう。本を読もう。映画を見よう。
家へ帰ろう。あぁ、音楽が聴きたいな。

そうやってみんな、年老いていくのでしょう。
あとどれくらい生きられるんだろう。
あとどれくらい。

ありきたりな日常、それはそれは
特別なことなんでしょう??

....ありがとうね。
私がんばりますから、見ていて。
[PR]

by sayuringo39 | 2008-01-11 03:17 | 日記 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://nekochan3.exblog.jp/tb/7075071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by サトコ at 2008-01-11 23:00 x
辛いお別れがあったんだね。

毎日を悔いのないように生きる、というのはすごくシンプルだけど、すごく難しいことなんだと思う。
後悔しない日はないかもしれない。だけど、その日一日を一生懸命生きようとすることが大事なんだと思う。今のsayuringoさんの気概で良いのだと思う。

おばあさんは今は暖かいところでゆっくり休んでいらっしゃることと思う。きっと笑顔でsayuringoのことを見守っているんだろう。

だから、がんばって!
Commented by シロ at 2008-01-30 11:49 x
この度はお悔やみ申し上げます。
ご無沙汰してます。といっても実はちょくちょく見てたんですが、なんと言ったらいいか分からなかったもので。
超能力は信じてないですけど、幽霊の存在はなんとなく信じてます。
婆ちゃんや爺ちゃんが死んだとき、僕には随分変わって見えました。そこに体はあるけど、魂は無いという風に感じました。だから、あっちの世界で楽しく生きてる・・・というのも変ですが、楽しくやってるように思います。
見守られてる気はあんまりしないんですけど、危ないところを危機一髪乗り切ると、婆ちゃん爺ちゃんが助けてくれたような気になります。不思議なものです。
Commented by sayuringo39 at 2008-01-31 14:32
>サトコへ
あったかい言葉、どうもありがとう☆☆
1日どころか、1秒もおろそかにしたくないや。笑
一生懸命やることで、毎日がすばらしく価値のあるものになると思うよ。
がんばるね!!

>シロさんへ
すっげー分かります。それ。
病院でも時々亡くなる人を見るけど、
死体というのは一様に、微塵も魂が感じられないものです。
おそらく肉体は入れ物であり、そこに魂が存在して初めて、「生命」として成り立っているんだと思う。
そうすると、魂はどこに行くんやろう??
・・・そんなのさっぱり分かりませんけど、
残された人々に、その欠片が宿るような、そんな気がします。
亡き人の面影とか、雰囲気とか、思い出、とか。それは亡き人の魂の欠片なんじゃないかと思う。
死んでも誰かのもとで魂は生き続けて、きっと残された人の生きる糧となるんだな。生命の連続性。
ばあちゃんの魂に恥じないように生きていきたい、と思います。