<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ほれぼれ


はまっています、溝に

スガシカオ氏の「PARADE」というアルバム!!
良すぎて、脳震盪をおこしそうデス。
聞くたびハマるシカオワールドに、私もついにはまってしまった!
かっこいい!!
ハチクロの真山さんはスガシカオがモデルだって、知りませんでした。似てる。。


ところで今日、用事があって久々に電車に乗ったんです。
たまたま改札機の点検中で、業者の方が改札機のフタをぱっくり開けて、
なにやら細かい作業をしていらっしゃいました。

その方の表情を見たとき、なんと私、うっかり恋に落ちそうになりました。

明らかに年長(おじさん)でありますけども、そんなことよりも、その表情にびっくりしました。
あまりにも真剣だったもので。
目の前の機械だけに集中していて、彼の目と汗と全身は、きらきら光ってました。

(うわっ・・・すてき・・・・)

電車の発車時刻も忘れて、しばし立ち止まり、見とれる私。(ん~、キモいね!)
人の一生懸命な姿というのは、宝石よりも何よりも価値のあるものだと私は思ってます。
どうも、そういうのに弱くって・・・(・ω・;)

今日私が恋したおじさんは、自分の技師としての仕事に自信とやりがいとプライドをもっていたはず。
とにかくいろんなものが凝縮されて、光ってました。

私も一生懸命に汗流して仕事しよう!って勇気づけられました。
病院の患者さんたちもみんな一生懸命な顔してるから、大好きです。
・・・なんていうか、生きるのに一生懸命で。
そういうの見てると、ほんとに勇気づけられる。

光っている人がたくさんいるので、
恋・・・そのたびに恋こがれる!!(アホか)
ちなみにおじさんがタイプなわけではありません・・・汗
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-26 21:52 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

カミ・バッサリ


だりぃ
だるいので食っちゃ寝してます


背中まで伸びていた髪を、ばっさり切りました。
一気に20cmほど。

いきなり短くなったわたしの髪を見て、みんな失恋か?とからかうけども、
イヤそうじゃない、これは、出家なのであります!!出家!(なぜかムキになって否定)
煩悩を捨て、悟りをひらくため。

(実のところは、衝動切りです)

ある日いきなりさっぱりしたくなって、わたしは美容室に走りました。
「短くしてください、肩の上まで。」
店員さんのほうがためらってた。
「い・・・いいんですか?きっちゃいますよ・・・(ジョキん!)」

4年ぶりに短くしたので、なんか自分じゃないみたいで気持ち悪いです。

ボブ・ディランが、そのむかし言ってた言葉を思い出しました。
「心のままにいけ。きっと最後はうまくいく」
そうね、心のままに突っ走るのは、とっても気持ちがいいですね。
後先考えないことさ。
鏡を見るたび「気持ちわりー」とつぶやいてるぐらいがちょうどいいのよ。
(見慣れることなく、このままずっと気持ち悪かったらどうしようか、ね)

追伸:
友達が「いいね、その髪!」って言ってくれてからは、あ、これでいいか、って思えるようになりました。
人間ってば、単純なものです。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-25 15:19 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ありえない


生きてます。

ちかごろ、セミの鳴き声が聞こえてきて、ノスタルジックワールドに入ったりしませんか。
近所の子と虫取りして遊んだあの頃へ。
うちの姉はミミズが好きだった・・・。よくポケットに入れてたっけな。


今朝、「ありえナイザー」という機関銃を発砲すると次々とありえないことが起きる、といった内容の、夢だか願望だかわからない夢を見ました。

「それっ・・・それゆけ!ありえナイザー!」
(バババババ・・・)
欲望のままに、一心不乱にそいつを乱射している私がいた。
職場はたちまちハワイになった。
すごい。
毎日、水着で寝そべってトロピカルジュースをすすっているだけで、ナント給料をいただけるのだ。
猫が鳥になったり。
私がマーチンを軽くつま弾いていたり。
あ・・・ありえないザー!

瞠目してみれば、日々ひとつとして同じ一日はないというのに、どうしたものか、だらだらと生きてしまいがちです。
「毎日」だなんてひとくくりにしては、愚痴を言う。
「アー毎日めんどくせ」って。
来たるいちにちいちにちが違うのだから、そう、きっとそこには、ありえナイザーがひそんでいる!
目を見開いて生きよ。という教訓を、夢から得た。
もしかしたら極まれに、職場にハワイを感じたりするかも。(しないかな)


~ここからは現実~

最近あまりに放置したために、アコギの弦がさびていた・・・。
クラシックギターに至っては、ほんのり青カビすら生息していた。
正直、自分に憎しみを抱きましたよ。
とんだ怠けものさ。
衝撃とともに、ヤマハに弦を買いにいった。
途中、アコギの妖精:マアチンが「このトンチキがっ!」と、私を厳しく責め立ててきたもんだから、ホント、涙が出たね。(これは妄想)

そしてなによりの衝撃は、4弦が3回バチッと切れたことです。(張りかえるたびに次々と)
今日これから、再びトライするんだけど、4回目の今回も弦が切れたら、私は死んでしまうかもしれない。
不吉な4・・・なんかの呪いだ!アーッ!そうに違いない!アギャーッ!

(・・・電話でともだちに聞いたら、ナットかどこかがギザギザになってて弦を傷つけてるのかも、って教えてくれました。)
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-23 20:36 | 日記 | Trackback | Comments(4)

ソロプレイ


じしん


私は数々のソロ活動をしてきました。
ソロ喫茶店、ソロ中華、ソロゲーセン、ソロバッティングセンター、ソロ海水浴、ソロチームエコ・・・活動履歴はたくさんあるぞよ。
「いらっしゃいませ、何名さまですか?」との問いに、「一人です!」「全部、一人前で!」と、人差し指をピンと立ててきた。胸を張ってね。
もちろん友達とわいわいやるのは大好きですし、そんな幸せったらない。
けれど、好きなことを好きなように好きなだけするのが心底好きですので、(しつこい)
やっぱりソロ活動への情熱もマストなわけで。

わたしは今回、大きなソロ活動へ挑もうとしています。
新潟地震のボランティアとして、柏崎へ行くぞ!

病院からも数人ずつ派遣されていくのですが、新人ナースはお断りらしくて。
困った末、ソロプレイヤーとしての威厳を発揮しようかと思ってます。
はやく仕事の休みがこないかな。
ひとり居酒屋、もしくはひとり焼肉をまだやれてないような、いまだセミプロな私ですので、ちょいとばかし怖気づいてもいますが、それは内緒さ。
大丈夫、ぜったいひとりじゃないからね。

地震、これからが大変だと思う。
長期戦にならないといいんだけど・・・。
じっちゃんばっちゃん、死ぬなよ!
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-18 19:46 | 日記 | Trackback | Comments(3)

やりました

あっ、こんばんは

全身だるい・・・驚くべきだるさです。
これは妖怪の仕業か。
肩に、こなきジジイがいるんです、どうしよう。


今日とうとうやりました。



・・・寝坊&遅刻。

平成の遅刻魔(なんか言い方が昭和だね)と言われ続けてはや10年。
ついに仕事でもやったぞ。
やったりー!(ぜんぜんうれしくない)
やったりー!(あぁ、死にたい)
ぼかぁ、いっぺん時計のない国に行きたい。
時間とかルールとかしがらみのないところ!(ないかー)

幸い、誰も怒らなかった。
むしろ、笑われた。
なんて寛大な職場なんだ。(次やったらクビだな)
20分の空白は、自分でなんとか埋めました。

そうとう体がいたんでるみたいです。
ボロッと腕がもげたらどうしよう。
あーもげそう(笑)
うえー、明日も仕事だ、がんばります。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-12 22:02 | 日記 | Trackback | Comments(3)

イライジャ


君、圧倒的にニンニクくさいよ


昨日、万代橋でイライジャ・ウッドそっくりの男性とすれ違いました。
ほんとに!
あまりにも似ていたために、私はガン見してしまった。
ホビット!ホビット族!フロドだぁ!!・・・と、ひとしきり興奮。(心の中で)

あまりにまじまじと見つめすぎたのだろう、彼(イライジャ)は不振がちな、きょとんとした表情でこちらを見返してきた。
その表情がさらにイライジャぶりを際立たせ、私はますます興奮したってもんさ。
はあ・・・危ねえ危ねえぞ。
あたしゃ自分が何をするか分からないね、ときどき。

「よう、イライジャ!久しぶり」 か、「よければサインください」 って、70%の確立で言おうとしてました。(残り30%は恥じらい+理性)
思いつきで声をかけていたら、私は今頃この街にはいないぜ。


暑くなってきました。
世の中が湿気とにおいに包まれてきました。
太めの男性とエレベーターに乗り合わせたら、自分も負けじとにおい(フェロモン)を発しなければならない季節です。
みんながんばろー。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-11 22:02 | 日記 | Trackback | Comments(2)

はらっ・・・ぺこっ・・・り


はらぺこだ


この間、「ライフ・イズ・ビューティフル」という映画を見ました。
そう、言わずもがな、あの名作さ。
主演はロベルト・ベニーニ。刺激的ないい名前だ。

今までも何度か見ようと思って手に取ったけど、
どうも題名がストレート?すぎて苦手で、結局見ずに終わって今に至る。

見て、あー・・・びっくり。
これはキセキ的にすんごい映画ですね。
見てしばらく動けなかったという話ですよ。(自分はね)
ナチスドイツの強制収容を受けながらも、最後まで妻と息子への愛情を貫く男。
息子のための無限大のやさしい嘘が、ほんとに最後までハラハラしておかしくて、奇跡だった。
戦争の残忍さが本当に嘘みたいに見えて、むしろ生き抜く親子の愛情の美しさばかりが際立って、それこそが真実なんだと心から実感させてもらえる、まじでいい映画でした。
見終わってから、そのタイトルが秀逸すぎることに気づきました。
そう、ライフ・イズ・ビューティフル なんだよな。
ああ今頃気づくなんて。


あと、招待券をいただいたので、万代島美術館へ「始皇帝と彩色兵馬俑展」を喜んで見に行ってきました。
すごいね、中国4000年の歴史はよ。
まめまめしくて威風堂々とした文化を垣間見ちゃった。
兵馬俑もろもろは、芸術の粋を超えて神がかってたよ。ちゃんと生きてた。
きちんと形に残した司馬遷はえらいね。男だね。

思えばそのころからいちおう日本もあったので、日本4000年の歴史もすごいよ!(たぶん)
人が笑ったり、泣いたりして生きてきたところに有無を言わさず歴史は生じるので、毎日とか人生ってすごいなと思います。やばいぞ。
あー仕事嫌だなあなんて言ってる場合か。
嫌々やってることでも、その適当さが歴史に刻まれちゃうので、せめて嬉々として身のある仕事をしていこうよ。修行だ。


それにしてもさっき、「ライフ・伊豆・ビューティフル」と変換されたのには気が抜けました。
このパソコンめ、たまにそういう憎々しいことしやがるので大好きです。
[PR]

by sayuringo39 | 2007-07-03 21:38 | 日記 | Trackback | Comments(3)